格安レンタルのコンテナボックス

荷物の整理・引越しの一時保管に
格安コンテナボックスが最適!

トップページ

「格安のレンタルコンテナは?」
「セキュリティはOK?」
「バイクも大丈夫?」


当サイトではコンテナボックスを利用してみたいけど、どのサービスが良いのかよく分からない方のために、格安でおすすめのレンタルコンテナボックスを紹介しています。

こんな時、荷物が多いと困ってしまいますよね。

  • 部屋に入りきらない本や洋服をしまっておきたい
  • 自宅をリフォームする間、家具を預かってもらいたい
  • 長期旅行中に賃貸するにあたり荷物を保管しておきたい
  • 海外出張・海外転勤が決まり、家具・家電などを保存しておきたい
  • まだ新居に家具を入れられないため一時的に預けたい
  • 退去と入居の引っ越しタイミングがずれてしまい荷物を預けたい
  • 家族と同居することになったため一部屋分の家具を移動したい
  • 屋根と鍵の付いている場所にオートバイを止めておきたい

とても思い入れがあり大事のものだけどしまう場所がないから捨てるしかない…。

二束三文にしかならないけどリサイクルに出すしかないのか…。

と断腸の思いで処分を決断する前に!

その荷物、コンテナボックスに預けませんか?

コンテナボックスは、ちょっとした小物の収納に最適なサイズから、8畳ものスペースに収納できるタイプなど、保管するモノに合わせて無駄のない最適なスペースを借りることができるのです。

荷物が多い方はもちろん、片付けるのは躊躇ってしまう物などコンテナボックスに保管しておけばいつでも取り出すことが可能です。

全国のレンタルコンテナボックスサービスの中からサービスが良くて格安の業者を厳選しました。

下記からお選びいただけると安心です。

荷物の整理・引越しの一時保管に
格安コンテナボックスが最適!

首都圏最大数!
評価店舗数種類
★★★★★全国1515物件
76355室
屋内型・屋外型
温・湿度管理駐車場出し入れ
屋内型○/屋外型△屋内型△/屋外型○
※コンテナ前まで乗入可
屋内型○/屋外型△
※時間制限がある物件有
  • 車の乗り入れ可能(屋外型)
  • バイクの駐車場として利用可能(屋外型)
  • セコムまたはALSOKの2重ロックで24時間使用可能(屋内型)
  • コンテナボックスで使用する便利グッズの販売(棚・ラック等)
  • バイク収納時に便利なラダーレールレンタル可能

【車の乗り入れ可能】
屋外型は、車でアクセスしやすい立地にあり、コンテナ前まで車の乗り入れが可能で入出庫がとてもスムーズに行えます。バイクの駐車場としても利用できます。

【便利なサービスが充実】
ハローストレージでは運転手つきレンタルトラック「レントラ便」や、荷物の搬出入を行う「らくらく運搬サービス」、不要になった荷物を処分する「らくらく処分サービス」などトランクルームを使用する上で便利なサービスが充実しています。

【ハロー安心保証パック】
鍵を紛失してしまったときでも安心なのがハロー安心保証パックです。セキュリティカードの再発行(10,800円や)や、南京錠再発行・鍵切断(10,800円)など、月々390円~で保証を付けることができます。


月額2,520円~!
評価店舗数種類
★★★★☆全国450拠点以上屋内型・屋外型
温・湿度管理駐車場出し入れ
屋内型○/屋外型△屋内型△/屋外型○
※コンテナ前まで乗入可
24時間自由
  • 月額2,520円~
  • 24時間利用可能
  • 短期利用可能

【最大3か月賃料無料キャンペーン】
コンテナルーム15現場以上、バイクコンテナ5現場以上がキャンペーン対象です。関東、関西、東海、中部など対象物件は全国にわたります。詳しくはお問い合わせください。

【無駄のないサイズ】
屋内型はパーテーションを利用した区切りになっているため、荷物の量に合わせて無駄のないサイズを選ぶことが可能です。


出し入れはWEBから楽々!
評価店舗数種類
★★★★☆1件
(茨城県)
倉庫
温・湿度管理駐車場出し入れ
直接訪問NG-
  • 自分での搬入・搬出不要
  • 郊外倉庫で安価
  • 空調完備で定温定湿
  • 荷物の保管管理・運搬はクロネコヤマト

【外出先へのお届けもOK】
ゴルフに行くときなどトランクルームから荷物を発送することができます。もちろん終わった後は再びトランクルーム宛に発送すればOK。アウトドアグッズ等荷物がかさばる道具も、宅配トランクルームを利用することで手ぶらで楽しむことができます。

【宅配トランクルーム】
一般的なコンテナボックスサービスは利用者が荷物を運搬しますが、宅配トランクルームは利用者がWEBで注文するだけでトランクルームから荷物を出し入れすることができるサービスです。 近所にコンテナボックスが無いという方でもインターネットで簡単に荷物を預けることが可能です。

まとめ

コンテナボックスを利用してみたいけど、いまいち違いがよくわからないという方のために、おすすめの格安コンテナボックスを紹介しています。

はじめてのコンテナボックスQ&A

コンテナボックスを利用してみたいけど、預けて良いものや駄目なものがわからないという方、契約条件や必要書類などよくわからないという方、まずはコンテナボックスについて知ることからはじめましょう。コンテナボックスに関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.コンテナボックスの選び方を教えてください。

A.目的に応じて選びましょう。

収納する物や、利用料金(諸経費)、セキュリティ、利便性など各社それぞれ異なりますので、目的に応じて選ぶことをおすすめします。

例えば温・湿度の管理が必要な楽器などを収納する場合は、屋内型で保管することをおすすめします。

Q.トランクルームとコンテナボックスの違いは何ですか?

A.屋内と屋外の違いがあります。

トランクルームは主にテナントやビルの一部を収納スペースとして利用します。パーティションで仕切られている場合もあります。

コンテナ(コンテナボックス・レンタルコンテナ等)は貨物などで利用される海上輸送用コンテナ等を収納スペースとして利用します。車で乗り入れ可能な点やバイク収納可能な点などのメリットもあります。

Q.トランクルームと貸倉庫の違いは何ですか?

A.倉庫業法の違いがあります。

貸倉庫(レンタル倉庫)は、倉庫業法に基づかないため業者は保管品に対する保管責任を負わない場合があります。

トランクルームは倉庫業法によって、国土交通省に認可された業者のみ使うことができる呼び方となっており、物品の保管保証があります。

Q.トランクルームとレンタルスペースの違いは何ですか?

A.運営者が異なります。

レンタルスペースは、不動産賃貸業者が運営します。(コンテナも同様です。)

トランクルームは国土交通省に認可された業者が運営します。

Q.収納していはいけないものはありますか?

A.はい。

基本的に危険物、動植物、異臭・悪臭を発する物、貴重品、公序良俗に反するような品物、塗料等は、収納禁止品目と定められているところが多いです。詳しくは各社の約款をご参照ください。

Q.コンテナボックス内で軽作業はできますか?

A.できません。

コンテナボックス内に長時間滞在することを禁止しているところがほとんどですので、荷物の出し入れに伴う作業以外は行うことができません。

Q.コンテナボックスに住むことはできますか?

A.できません。

コンテナボックスの契約条件に住居として利用することは禁止と明記されているところがほとんどですので住むことはできません。また、身分証の提示も求められることから住所不定の方も借りることができません。

Q.火災や盗難被害に遭った場合補償はありますか?

A.あります。

ハローストレージ(Hello Storage)は、保険会社の規定に基づき、屋外型は最大50万円、屋内型は最大100万円の範囲で補償してくれます。

スペースプラス(Space Plus)は、動産総合保険プランが用意されています。

Q.24時間いつでも利用できますか?

A.基本的には24時間利用可能です。

基本的には24時間利用可能ですが、場所によっては時間制限がある物件もありますのでご注意ください。また、早朝・深夜にご利用される際には、近隣住民へのご配慮をお願いします。

引っ越し・コンテナボックスの基礎知識コラム

最近引っ越したのですが、引っ越し当日までに大変な労力を使いましたね。
マンションに住んでいたし、一階ではなかったので業者さんに大きい荷物をおまかせしました。引っ越し費用を減らせるところは減らしたいので、小さめの荷物で、自分で運べるものは本日はこれとノルマを決め、台車を借りて運び出し、転居先に運びました。
台車の力は侮れません。
引越し終えると、必ずくるのが、新聞屋とNHKじゃないですか?みっちりと引越しを見ていたかのように迅速な対処ですよね。

最近は、インターネットが当たり前なので以前よりは断りやすいと思います。

ニュースは、スマホで見れますので、テレビがつながっていなくてもぎこちなくありません。だから、NHKの受信料は払う必要はありません。
引っ越しをするに伴い、煩雑な手続き持ついて回ることになりますが、まずは、ライフラインの準備が必須ですし、そのなかにも水道を開通させることは何より大切だと言えます。
いつ頃までに、水道を使えるよう準備できていると都合がいいかというと、引っ越し日前の忙しい時期は避け少し余裕を見つつ、引っ越し当日の一週間程前に水道が使える状態になっていたら、それで十分だと言えます。引っ越しで、住所を変更する際には手続きがなかなかおっくうです。

転出届に転入届というような役場の手続きをすれば良いとはかぎりません。

関わりあるあそこらこちらに、住所変更の手続きをしなければいけません。保険会社に住所の変更手続きをしなかったことを引っ越し完了後、二年以上たってから気が付きました。
その間、大事にいたらなくてよかったです。
家族の事などを考えて家と土地を買ったのですが、契約締結をするためには印鑑証明書(及び実印)がいるのを恥ずかしながら、知らなかったのです。

登録は一応していました。
親が代わりにやっておいてくれました。

しかし、今度買う家がそれまでと違う市になりますので、引っ越し先の市役所とか出張所にてまた登録をしておかなければならないのです。仕方がないのでバタバタと登録しに行ってとても気忙しい思いをしたものです。
引越しを行う場合には色々な手続きが必要ですが、仕事をしていると大変なのが市役所へ足を運んで行う手続きです。

住民票を転入や転出などの手続きがあるので、少なくても二度は行かざるを得ません。


市役所は平日しか利用できないので、引越しの他にまた休みを取らなければならないといった羽目になります。いろいろな引っ越しがありますが、どんな場合でも次の生活に対応するために予想外の出費を避けられないので、引っ越し作業を業者に依頼するとしても一円でも安く済ませたいというのが本音だと言えます。

少しでも安くできるかどうか、料金システムを調べてみませんか。他のサービス業でも同じですが、引っ越しの割引も人の移動が少ないとされる時期に引っ越しする際に割引してくれることが多いもので、閑散期に引っ越しができるように進めていけるとベストです。

引越しをすることに決めました。住所変更の手続きに伴い、車庫証明を取り直さなければならないみたいです。
実家暮らしだっ立ときには、こういう面倒な手続きはすべて父が行っていました。

それなのに、私の父はしんどいだとか、大変だとか一度も口に出したことはない気がします。

やはりチチというのは偉大なのですね。引っ越し作業が効率良くいくかどうかは、天候に左右される面が多分にあり、降雨が激しくなると荷物の防水も徹底しなければいけなくなる等、作業が増えてしまいます。
業者に荷創りを全部任せているのなら、荷物が多い人はコンテナボックスの利用も検討すると良いでしょう。

水浸しになるような心配は要らないのですが、雨で渋滞などが起こりやすくなり転居先に荷物が多い人はコンテナボックスの利用も検討すると良いでしょう。届く時間が遅れ、しゅうりょう時間がずれ込むことはあり得ます。
梱包、開梱を自身で行うなら、濡らしてはいけないものはビニールで包む、などの対策はしておきます。季節によってはゲリラ豪雨などもありますし念のための備えはしておいた方が良いですね。


いろんな引っ越しのやり方がありますが、梱包から何から作業をすべて引っ越し業者に任せることにしてしまうと、当然それだけ費用がかかります。



ですから、独り身の人や単身赴任の引っ越しをした際にコンテナボックスを利用しました。引っ越しであれば、沿うしたニーズにあった単身向けの引っ越しパックやコースを利用すると良いようです。



こうするだけでも、引っ越しのコスト(経済的な活動の際に支払う必要が生じるお金です)をまあまあ抑えることができますし、その分は、何かと物入りな新生活のために残しておくと良いだと言えます。

コンテナボックスお役立ち情報

格安コンテナボックスは
ハローストレージがおすすめ

格安のコンテナボックスはココ↓