格安レンタルのコンテナボックス

荷物の整理・引越しの一時保管に
格安コンテナボックスが最適!

トップページ

「格安のレンタルコンテナは?」
「セキュリティはOK?」
「バイクも大丈夫?」


当サイトではコンテナボックスを利用してみたいけど、どのサービスが良いのかよく分からない方のために、格安でおすすめのレンタルコンテナボックスを紹介しています。

こんな時、荷物が多いと困ってしまいますよね。

  • 部屋に入りきらない本や洋服をしまっておきたい
  • 自宅をリフォームする間、家具を預かってもらいたい
  • 長期旅行中に賃貸するにあたり荷物を保管しておきたい
  • 海外出張・海外転勤が決まり、家具・家電などを保存しておきたい
  • まだ新居に家具を入れられないため一時的に預けたい
  • 退去と入居の引っ越しタイミングがずれてしまい荷物を預けたい
  • 家族と同居することになったため一部屋分の家具を移動したい
  • 屋根と鍵の付いている場所にオートバイを止めておきたい

とても思い入れがあり大事のものだけどしまう場所がないから捨てるしかない…。

二束三文にしかならないけどリサイクルに出すしかないのか…。

と断腸の思いで処分を決断する前に!

その荷物、コンテナボックスに預けませんか?

コンテナボックスは、ちょっとした小物の収納に最適なサイズから、8畳ものスペースに収納できるタイプなど、保管するモノに合わせて無駄のない最適なスペースを借りることができるのです。

荷物が多い方はもちろん、片付けるのは躊躇ってしまう物などコンテナボックスに保管しておけばいつでも取り出すことが可能です。

全国のレンタルコンテナボックスサービスの中からサービスが良くて格安の業者を厳選しました。

下記からお選びいただけると安心です。

荷物の整理・引越しの一時保管に
格安コンテナボックスが最適!

首都圏最大数!
評価店舗数種類
★★★★★全国1515物件
76355室
屋内型・屋外型
温・湿度管理駐車場出し入れ
屋内型○/屋外型△屋内型△/屋外型○
※コンテナ前まで乗入可
屋内型○/屋外型△
※時間制限がある物件有
  • 車の乗り入れ可能(屋外型)
  • バイクの駐車場として利用可能(屋外型)
  • セコムまたはALSOKの2重ロックで24時間使用可能(屋内型)
  • コンテナボックスで使用する便利グッズの販売(棚・ラック等)
  • バイク収納時に便利なラダーレールレンタル可能

【車の乗り入れ可能】
屋外型は、車でアクセスしやすい立地にあり、コンテナ前まで車の乗り入れが可能で入出庫がとてもスムーズに行えます。バイクの駐車場としても利用できます。

【便利なサービスが充実】
ハローストレージでは運転手つきレンタルトラック「レントラ便」や、荷物の搬出入を行う「らくらく運搬サービス」、不要になった荷物を処分する「らくらく処分サービス」などトランクルームを使用する上で便利なサービスが充実しています。

【ハロー安心保証パック】
鍵を紛失してしまったときでも安心なのがハロー安心保証パックです。セキュリティカードの再発行(10,800円や)や、南京錠再発行・鍵切断(10,800円)など、月々390円~で保証を付けることができます。


月額2,520円~!
評価店舗数種類
★★★★☆全国450拠点以上屋内型・屋外型
温・湿度管理駐車場出し入れ
屋内型○/屋外型△屋内型△/屋外型○
※コンテナ前まで乗入可
24時間自由
  • 月額2,520円~
  • 24時間利用可能
  • 短期利用可能

【最大3か月賃料無料キャンペーン】
コンテナルーム15現場以上、バイクコンテナ5現場以上がキャンペーン対象です。関東、関西、東海、中部など対象物件は全国にわたります。詳しくはお問い合わせください。

【無駄のないサイズ】
屋内型はパーテーションを利用した区切りになっているため、荷物の量に合わせて無駄のないサイズを選ぶことが可能です。


出し入れはWEBから楽々!
評価店舗数種類
★★★★☆1件
(茨城県)
倉庫
温・湿度管理駐車場出し入れ
直接訪問NG-
  • 自分での搬入・搬出不要
  • 郊外倉庫で安価
  • 空調完備で定温定湿
  • 荷物の保管管理・運搬はクロネコヤマト

【外出先へのお届けもOK】
ゴルフに行くときなどトランクルームから荷物を発送することができます。もちろん終わった後は再びトランクルーム宛に発送すればOK。アウトドアグッズ等荷物がかさばる道具も、宅配トランクルームを利用することで手ぶらで楽しむことができます。

【宅配トランクルーム】
一般的なコンテナボックスサービスは利用者が荷物を運搬しますが、宅配トランクルームは利用者がWEBで注文するだけでトランクルームから荷物を出し入れすることができるサービスです。 近所にコンテナボックスが無いという方でもインターネットで簡単に荷物を預けることが可能です。

まとめ

コンテナボックスを利用してみたいけど、いまいち違いがよくわからないという方のために、おすすめの格安コンテナボックスを紹介しています。

はじめてのコンテナボックスQ&A

コンテナボックスを利用してみたいけど、預けて良いものや駄目なものがわからないという方、契約条件や必要書類などよくわからないという方、まずはコンテナボックスについて知ることからはじめましょう。コンテナボックスに関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.コンテナボックスの選び方を教えてください。

A.目的に応じて選びましょう。

収納する物や、利用料金(諸経費)、セキュリティ、利便性など各社それぞれ異なりますので、目的に応じて選ぶことをおすすめします。

例えば温・湿度の管理が必要な楽器などを収納する場合は、屋内型で保管することをおすすめします。

Q.トランクルームとコンテナボックスの違いは何ですか?

A.屋内と屋外の違いがあります。

トランクルームは主にテナントやビルの一部を収納スペースとして利用します。パーティションで仕切られている場合もあります。

コンテナ(コンテナボックス・レンタルコンテナ等)は貨物などで利用される海上輸送用コンテナ等を収納スペースとして利用します。車で乗り入れ可能な点やバイク収納可能な点などのメリットもあります。

Q.トランクルームと貸倉庫の違いは何ですか?

A.倉庫業法の違いがあります。

貸倉庫(レンタル倉庫)は、倉庫業法に基づかないため業者は保管品に対する保管責任を負わない場合があります。

トランクルームは倉庫業法によって、国土交通省に認可された業者のみ使うことができる呼び方となっており、物品の保管保証があります。

Q.トランクルームとレンタルスペースの違いは何ですか?

A.運営者が異なります。

レンタルスペースは、不動産賃貸業者が運営します。(コンテナも同様です。)

トランクルームは国土交通省に認可された業者が運営します。

Q.収納していはいけないものはありますか?

A.はい。

基本的に危険物、動植物、異臭・悪臭を発する物、貴重品、公序良俗に反するような品物、塗料等は、収納禁止品目と定められているところが多いです。詳しくは各社の約款をご参照ください。

Q.コンテナボックス内で軽作業はできますか?

A.できません。

コンテナボックス内に長時間滞在することを禁止しているところがほとんどですので、荷物の出し入れに伴う作業以外は行うことができません。

Q.コンテナボックスに住むことはできますか?

A.できません。

コンテナボックスの契約条件に住居として利用することは禁止と明記されているところがほとんどですので住むことはできません。また、身分証の提示も求められることから住所不定の方も借りることができません。

Q.火災や盗難被害に遭った場合補償はありますか?

A.あります。

ハローストレージ(Hello Storage)は、保険会社の規定に基づき、屋外型は最大50万円、屋内型は最大100万円の範囲で補償してくれます。

スペースプラス(Space Plus)は、動産総合保険プランが用意されています。

Q.24時間いつでも利用できますか?

A.基本的には24時間利用可能です。

基本的には24時間利用可能ですが、場所によっては時間制限がある物件もありますのでご注意ください。また、早朝・深夜にご利用される際には、近隣住民へのご配慮をお願いします。

引っ越し・コンテナボックスの基礎知識コラム

賃貸物件を探す際、皆さんはどういったことを気にしていますか?日当たりや間取りを条件にしている人もいますが女性の場合は防犯面を重視するという人も多いのではないでしょうか。


防犯面を気にするのは、トランクルームを借りる際にも重要です。

家の外に収納スペースを持つことで家の中をスッキリさせるコンテナボックスですが預けたものの中には高価なものもあるということも少なくなくセキュリティがどうなっているか気になる人も多いはずです。屋外型と屋内型の2種類が存在しますが屋外型の場合、防犯面はコンテナ扉の鍵だけです。


警備員が常駐、巡回しているところも多いです。家に収納スペースが足りないときに別の場所に保管するコンテナボックスですがルームを選ぶ際に気になるのが大きさと料金です。
料金に関しては屋外型よりも空調機能などがあるため屋内型の方が高めに設定されています。

広さに関しては荷物量次第の面もありますが一人暮らしの方には荷物が多くても1.5畳くらいあればある程度余裕があると思います。
三人以上の家族世帯や2LDK以上の部屋に住んでいる方3畳以上にしておくとダブルベッドやソファなどの大型家具を保管できます。

床面積での目安はこのようになっていますが実際には高さという要素もあるので意外と収納できた、広すぎて賃料が勿体無かったと思う人もいるので確認しておきましょう。

コンテナボックスを利用する際に最も気にしなければいけないことがあります。それは、預けた荷物へのカビ対策です。

実際に、いつの間にかカビてしまっていた。という話も良く見ます。


防犯上、締め切っているところが大半なのでどうしても通気性が悪く空気の入れ替えが少なくなってしまいます。特に屋外にコンテナを置いているタイプでは湿気がこもりやすいでしょう。

その対策のひとつとしては、空調管理ができる建物を選ぶことです。

その上で、結露が発生しやすい壁際から少し離して置くようにしましょう。色々な対策をしてもカビるときはカビてしまいます。そのため、1番の対策は定期的に荷物の様子を見ることです。
一般的にコンテナボックスと呼ばれているサービスは広い意味で捉えられています。

その捉えられている中には倉庫業者の行う「コンテナボックス」と不動産業者など非倉庫業者の行う「レンタル収納スペース」の2種類があります。倉庫業者の行なっているサービスは倉庫業法により預かったものに対して保管義務があり、破損や紛失があった際に保証を受けられます。
荷物の管理が厳しいので引き渡しには営業時間中の立会いが必要になります。一方、レンタル収納ケースの方では、荷物を預かるというサービスではなく、荷物を預かるのではなく、収納する空間を貸すという契約になるので、建物のセキュリティはしてあっても荷物に関しては自己責任になります。


メリットとしてはスペースを貸す契約なので原則24時間利用ができます。

部屋に荷物が増えてきてしまいもう収納スペースが足りないという場合に賃貸物件の場合、倉庫を庭に置くこともできません。
その場合、コンテナボックスを活用してはどうでしょうか。屋内型のコンテナボックスを利用する場合ではビルの1室などの屋内型のコンテナボックスをお勧めします。書籍などは数が多いと重くなりますが多くの場合エレベーターがあるので上の階でも持ち込むのも持ち出すのも楽にできます。また、屋内型の新しい利用方法として、職場近くのルームを借りて仕事終わりに使うジョギング用品などを置いている人もいるようです。
家の収納スペースには限りがあります。トランクルームですが、業者によって広さと料金が変わってきます。例として、屋外にコンテナが積んであるタイプではビルの1フロアや1室を使っているタイプよりも広さに対する料金が低く設定されています。



ただ、屋外型は雨風や砂などの影響を受ける恐れがあるというデメリットもあります。


そのため、屋外型に預けるものとして適しているものがあり、借りる前にどんな荷物を収納するかを把握することが重要になります。他にもリフォーム時などに家具や家電の一時保管に使う方もいるようです。


空調管理のできる屋内型を借りるようにしましょう。

コンテナボックスお役立ち情報

格安コンテナボックスは
ハローストレージがおすすめ

格安のコンテナボックスはココ↓