格安レンタルのコンテナボックス

荷物の整理・引越しの一時保管に
格安コンテナボックスが最適!

トップページ > 広島県

「格安のレンタルコンテナは?」
「セキュリティはOK?」
「バイクも大丈夫?」


当サイトでは広島県にお住まいの方に、格安でおすすめのレンタルコンテナボックスを紹介しています。

こんな時、荷物が多いと困ってしまいますよね。

  • 部屋に入りきらない本や洋服をしまっておきたい
  • 自宅をリフォームする間、家具を預かってもらいたい
  • 長期旅行中に賃貸するにあたり荷物を保管しておきたい
  • 海外出張・海外転勤が決まり、家具・家電などを保存しておきたい
  • まだ新居に家具を入れられないため一時的に預けたい
  • 退去と入居の引っ越しタイミングがずれてしまい荷物を預けたい
  • 家族と同居することになったため一部屋分の家具を移動したい
  • 屋根と鍵の付いている場所にオートバイを止めておきたい

とても思い入れがあり大事のものだけどしまう場所がないから捨てるしかない…。

二束三文にしかならないけどリサイクルに出すしかないのか…。

と断腸の思いで処分を決断する前に!

その荷物、コンテナボックスに預けませんか?

コンテナボックスは、ちょっとした小物の収納に最適なサイズから、8畳ものスペースに収納できるタイプなど、保管するモノに合わせて無駄のない最適なスペースを借りることができるのです。

荷物が多い方はもちろん、片付けるのは躊躇ってしまう物などコンテナボックスに保管しておけばいつでも取り出すことが可能です。

全国のレンタルコンテナボックスサービスの中からサービスが良くて格安の業者を厳選しました。

下記からお選びいただけると安心です。

荷物の整理・引越しの一時保管に
格安コンテナボックスが最適!

首都圏最大数!
評価店舗数種類
★★★★★全国1515物件
76355室
屋内型・屋外型
温・湿度管理駐車場出し入れ
屋内型○/屋外型△屋内型△/屋外型○
※コンテナ前まで乗入可
屋内型○/屋外型△
※時間制限がある物件有
  • 車の乗り入れ可能(屋外型)
  • バイクの駐車場として利用可能(屋外型)
  • セコムまたはALSOKの2重ロックで24時間使用可能(屋内型)
  • コンテナボックスで使用する便利グッズの販売(棚・ラック等)
  • バイク収納時に便利なラダーレールレンタル可能

【車の乗り入れ可能】
屋外型は、車でアクセスしやすい立地にあり、コンテナ前まで車の乗り入れが可能で入出庫がとてもスムーズに行えます。バイクの駐車場としても利用できます。

【便利なサービスが充実】
ハローストレージでは運転手つきレンタルトラック「レントラ便」や、荷物の搬出入を行う「らくらく運搬サービス」、不要になった荷物を処分する「らくらく処分サービス」などトランクルームを使用する上で便利なサービスが充実しています。

【ハロー安心保証パック】
鍵を紛失してしまったときでも安心なのがハロー安心保証パックです。セキュリティカードの再発行(10,800円や)や、南京錠再発行・鍵切断(10,800円)など、月々390円~で保証を付けることができます。


月額2,520円~!
評価店舗数種類
★★★★☆全国450拠点以上屋内型・屋外型
温・湿度管理駐車場出し入れ
屋内型○/屋外型△屋内型△/屋外型○
※コンテナ前まで乗入可
24時間自由
  • 月額2,520円~
  • 24時間利用可能
  • 短期利用可能

【最大3か月賃料無料キャンペーン】
コンテナルーム15現場以上、バイクコンテナ5現場以上がキャンペーン対象です。関東、関西、東海、中部など対象物件は全国にわたります。詳しくはお問い合わせください。

【無駄のないサイズ】
屋内型はパーテーションを利用した区切りになっているため、荷物の量に合わせて無駄のないサイズを選ぶことが可能です。


出し入れはWEBから楽々!
評価店舗数種類
★★★★☆1件
(茨城県)
倉庫
温・湿度管理駐車場出し入れ
直接訪問NG-
  • 自分での搬入・搬出不要
  • 郊外倉庫で安価
  • 空調完備で定温定湿
  • 荷物の保管管理・運搬はクロネコヤマト

【外出先へのお届けもOK】
ゴルフに行くときなどトランクルームから荷物を発送することができます。もちろん終わった後は再びトランクルーム宛に発送すればOK。アウトドアグッズ等荷物がかさばる道具も、宅配トランクルームを利用することで手ぶらで楽しむことができます。

【宅配トランクルーム】
一般的なコンテナボックスサービスは利用者が荷物を運搬しますが、宅配トランクルームは利用者がWEBで注文するだけでトランクルームから荷物を出し入れすることができるサービスです。 近所にコンテナボックスが無いという方でもインターネットで簡単に荷物を預けることが可能です。

まとめ

コンテナボックスを利用してみたいけど、いまいち違いがよくわからないという方のために、おすすめの格安コンテナボックスを紹介しています。

広島県の方向けはじめてのコンテナボックスQ&A

コンテナボックスを利用してみたいけど、預けて良いものや駄目なものがわからないという方、契約条件や必要書類などよくわからないという方、まずはコンテナボックスについて知ることからはじめましょう。コンテナボックスに関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.コンテナボックスの選び方を教えてください。

A.目的に応じて選びましょう。

収納する物や、利用料金(諸経費)、セキュリティ、利便性など各社それぞれ異なりますので、目的に応じて選ぶことをおすすめします。

例えば温・湿度の管理が必要な楽器などを収納する場合は、屋内型で保管することをおすすめします。

Q.トランクルームとコンテナボックスの違いは何ですか?

A.屋内と屋外の違いがあります。

トランクルームは主にテナントやビルの一部を収納スペースとして利用します。パーティションで仕切られている場合もあります。

コンテナ(コンテナボックス・レンタルコンテナ等)は貨物などで利用される海上輸送用コンテナ等を収納スペースとして利用します。車で乗り入れ可能な点やバイク収納可能な点などのメリットもあります。

Q.トランクルームと貸倉庫の違いは何ですか?

A.倉庫業法の違いがあります。

貸倉庫(レンタル倉庫)は、倉庫業法に基づかないため業者は保管品に対する保管責任を負わない場合があります。

トランクルームは倉庫業法によって、国土交通省に認可された業者のみ使うことができる呼び方となっており、物品の保管保証があります。

Q.トランクルームとレンタルスペースの違いは何ですか?

A.運営者が異なります。

レンタルスペースは、不動産賃貸業者が運営します。(コンテナも同様です。)

トランクルームは国土交通省に認可された業者が運営します。

Q.収納していはいけないものはありますか?

A.はい。

基本的に危険物、動植物、異臭・悪臭を発する物、貴重品、公序良俗に反するような品物、塗料等は、収納禁止品目と定められているところが多いです。詳しくは各社の約款をご参照ください。

Q.コンテナボックス内で軽作業はできますか?

A.できません。

コンテナボックス内に長時間滞在することを禁止しているところがほとんどですので、荷物の出し入れに伴う作業以外は行うことができません。

Q.コンテナボックスに住むことはできますか?

A.できません。

コンテナボックスの契約条件に住居として利用することは禁止と明記されているところがほとんどですので住むことはできません。また、身分証の提示も求められることから住所不定の方も借りることができません。

Q.火災や盗難被害に遭った場合補償はありますか?

A.あります。

ハローストレージ(Hello Storage)は、保険会社の規定に基づき、屋外型は最大50万円、屋内型は最大100万円の範囲で補償してくれます。

スペースプラス(Space Plus)は、動産総合保険プランが用意されています。

Q.24時間いつでも利用できますか?

A.基本的には24時間利用可能です。

基本的には24時間利用可能ですが、場所によっては時間制限がある物件もありますのでご注意ください。また、早朝・深夜にご利用される際には、近隣住民へのご配慮をお願いします。

引っ越し・コンテナボックスの基礎知識コラム

引っ越しの最盛期と言えば、一般的に春や秋になると思います。この時節は就職や転職、大学入学といったイベントが多いことが主なわけとして挙げられます。


多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだと耳にすることもありますが、複雑な手つづきを何度もしなくてはならないと言ったことが大きなわけのようですね。水道や電気、市役所への複数の必要書類などなど、元の土地でも引っ越し先の土地でも行なわなければならない手つづきが重なっていますから、きちんとした計画を練って、手つづきを終わらせなければいけません。たいてい引っ越しをする時は、nhkに、住所変更の知らせを出すことが強制されています。
転居の機会にnhkにお金を払う事を辞めたいと思っていても、nhkは受信契約の解約にあっさり応じてはくれませんが、テレビを廃棄したり、第三者に所有権が移行したことを客観的に、信証がとれれば解約に応じてもらえます。
引っ越し代を安く済ませたい方にとって、頼りになる業者が赤帽でしょう。
中でも、1人暮らしの引っ越しといった小規模のものに他業者よりも強いです。
時間制による料金設定のため、ご自身でも運搬をすることで引っ越し作業にかかる時間を可能ですので、自主的に作業の手伝いをするのがおススメです。赤帽車が軽と言った懸念があるかもしれませんが、単身の引っ越しの荷物だったら十分です。先日の引っ越しで、見積もりを出してもらっ立とき、どうしてもすっきりしないことがあったんです。液晶テレビの運搬に限って個別の保険をかけることになっている沿うです。
わが家には40型の液晶テレビがありましたが、明らかに購入価格が30万円以上のため、保険をかけなければならず、それを見積もりに計上するとのことでした。



業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、この対応はどこでも同じなのか他の方のお話を聴きたいです。
転居に伴う荷物まとめの際に皿やグラスなどの割れ物はタオルや洋服等で、包んでパッキングします読み終えた雑誌や、新聞もいいですが、思ったより量が多くなり、処分する事が困難です。

引越しが終わると、あまたの空のダンボールが発生しますし、その上、紙くずも発生すると案外、スペースを取ってしまいます。



就職や転勤、あるいは1人暮らしを初めるなどで新しい住居が決まったら、おおざっぱで構いませんので、準備の進め方を計画しておくと良いです。
荷物の梱包などを極端に早く開始すると今現在の生活が少し、不自由になることもあるでしょう。
ですが、ゆっくりのんびりし過ぎると予定に間に合わなくなることも考えられます。やり方としては、今現在使っていない衣類や、本などといったものからまずすこしずつ荷作りしていくと上手にいくでしょう。

私立ち一家が埼玉県から東京に引越しする時、パソコンを荷物と一緒に荷作りするか悩みました。



うちは車を所有してたので、主人が細々した荷物とか大事なものと、一緒にパソコンものせて新宿まで持っていきました。パソコンはきちんと梱包しても、万が一、誰かが起動指せようものなら、個人情報がいっぱいあるので、とても不安にかられたからです。日取りも決まって、さて引っ越し作業を初めようと言った時、手元になくてはならないものとしては、兎にも角にもダンボールかもしれません。引っ越しの荷作りをおこなうのに、ダンボールは不可欠です。
重量のあるものは小さい箱に入れるなど、使い分けられるように大小揃っていると使い勝手がいいでしょう。


不足してから改めて調達、となると時間の無駄ですし、少し多めに準備しておきましょう。



無料で入手したいなら、スーパーなどお店でもらえますし、新品をホームセンターなどで買うこともできます。
ですが、ダンボールは、できれば引っ越し業者の用意するものを使った方が強度や扱いやすさを考えると、お薦めです。引っ越しの荷物の移動についてですが、置く場所をあまり自由にできない家電と言えばやはり、洗濯機です。

水を毎日大量に使う家電ですからほどんどの場合は、水道のある場所に設置するしかない家電です。
具体的に言うと、浴室の近くになったりしますが、湿気の多い場所であり、それに、一度水漏れが起こると、排水溝から水が溢れやすいので、湿気対策の換気、それから水漏れの対策をなるべくちゃんと行っておいた方が良いです。

引越し業者に指示を受けると思いますが、引越しの前日には、冷蔵庫の電源は抜いておいたほうがベターです。
何でその必要があるかと言ったと、冷凍庫に付いた霜を溶かして、溜まってきた水を取り除くことが前もって可能だからです。

あらかじめこの処理をしておくことで、移動しているときに、荷物や家の中などをぬらしてしまうのを防ぐと言った効果があるんです。

広島県の方向けコンテナボックスお役立ち情報

格安コンテナボックスは
ハローストレージがおすすめ

広島県で格安のコンテナボックスはココ↓