格安レンタルのコンテナボックス

荷物の整理・引越しの一時保管に
格安コンテナボックスが最適!

トップページ > 東京都

「格安のレンタルコンテナは?」
「セキュリティはOK?」
「バイクも大丈夫?」


当サイトでは東京都にお住まいの方に、格安でおすすめのレンタルコンテナボックスを紹介しています。

こんな時、荷物が多いと困ってしまいますよね。

  • 部屋に入りきらない本や洋服をしまっておきたい
  • 自宅をリフォームする間、家具を預かってもらいたい
  • 長期旅行中に賃貸するにあたり荷物を保管しておきたい
  • 海外出張・海外転勤が決まり、家具・家電などを保存しておきたい
  • まだ新居に家具を入れられないため一時的に預けたい
  • 退去と入居の引っ越しタイミングがずれてしまい荷物を預けたい
  • 家族と同居することになったため一部屋分の家具を移動したい
  • 屋根と鍵の付いている場所にオートバイを止めておきたい

とても思い入れがあり大事のものだけどしまう場所がないから捨てるしかない…。

二束三文にしかならないけどリサイクルに出すしかないのか…。

と断腸の思いで処分を決断する前に!

その荷物、コンテナボックスに預けませんか?

コンテナボックスは、ちょっとした小物の収納に最適なサイズから、8畳ものスペースに収納できるタイプなど、保管するモノに合わせて無駄のない最適なスペースを借りることができるのです。

荷物が多い方はもちろん、片付けるのは躊躇ってしまう物などコンテナボックスに保管しておけばいつでも取り出すことが可能です。

全国のレンタルコンテナボックスサービスの中からサービスが良くて格安の業者を厳選しました。

下記からお選びいただけると安心です。

荷物の整理・引越しの一時保管に
格安コンテナボックスが最適!

首都圏最大数!
評価店舗数種類
★★★★★全国1515物件
76355室
屋内型・屋外型
温・湿度管理駐車場出し入れ
屋内型○/屋外型△屋内型△/屋外型○
※コンテナ前まで乗入可
屋内型○/屋外型△
※時間制限がある物件有
  • 車の乗り入れ可能(屋外型)
  • バイクの駐車場として利用可能(屋外型)
  • セコムまたはALSOKの2重ロックで24時間使用可能(屋内型)
  • コンテナボックスで使用する便利グッズの販売(棚・ラック等)
  • バイク収納時に便利なラダーレールレンタル可能

【車の乗り入れ可能】
屋外型は、車でアクセスしやすい立地にあり、コンテナ前まで車の乗り入れが可能で入出庫がとてもスムーズに行えます。バイクの駐車場としても利用できます。

【便利なサービスが充実】
ハローストレージでは運転手つきレンタルトラック「レントラ便」や、荷物の搬出入を行う「らくらく運搬サービス」、不要になった荷物を処分する「らくらく処分サービス」などトランクルームを使用する上で便利なサービスが充実しています。

【ハロー安心保証パック】
鍵を紛失してしまったときでも安心なのがハロー安心保証パックです。セキュリティカードの再発行(10,800円や)や、南京錠再発行・鍵切断(10,800円)など、月々390円~で保証を付けることができます。


月額2,520円~!
評価店舗数種類
★★★★☆全国450拠点以上屋内型・屋外型
温・湿度管理駐車場出し入れ
屋内型○/屋外型△屋内型△/屋外型○
※コンテナ前まで乗入可
24時間自由
  • 月額2,520円~
  • 24時間利用可能
  • 短期利用可能

【最大3か月賃料無料キャンペーン】
コンテナルーム15現場以上、バイクコンテナ5現場以上がキャンペーン対象です。関東、関西、東海、中部など対象物件は全国にわたります。詳しくはお問い合わせください。

【無駄のないサイズ】
屋内型はパーテーションを利用した区切りになっているため、荷物の量に合わせて無駄のないサイズを選ぶことが可能です。


出し入れはWEBから楽々!
評価店舗数種類
★★★★☆1件
(茨城県)
倉庫
温・湿度管理駐車場出し入れ
直接訪問NG-
  • 自分での搬入・搬出不要
  • 郊外倉庫で安価
  • 空調完備で定温定湿
  • 荷物の保管管理・運搬はクロネコヤマト

【外出先へのお届けもOK】
ゴルフに行くときなどトランクルームから荷物を発送することができます。もちろん終わった後は再びトランクルーム宛に発送すればOK。アウトドアグッズ等荷物がかさばる道具も、宅配トランクルームを利用することで手ぶらで楽しむことができます。

【宅配トランクルーム】
一般的なコンテナボックスサービスは利用者が荷物を運搬しますが、宅配トランクルームは利用者がWEBで注文するだけでトランクルームから荷物を出し入れすることができるサービスです。 近所にコンテナボックスが無いという方でもインターネットで簡単に荷物を預けることが可能です。

まとめ

コンテナボックスを利用してみたいけど、いまいち違いがよくわからないという方のために、おすすめの格安コンテナボックスを紹介しています。

東京都の方向けはじめてのコンテナボックスQ&A

コンテナボックスを利用してみたいけど、預けて良いものや駄目なものがわからないという方、契約条件や必要書類などよくわからないという方、まずはコンテナボックスについて知ることからはじめましょう。コンテナボックスに関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.コンテナボックスの選び方を教えてください。

A.目的に応じて選びましょう。

収納する物や、利用料金(諸経費)、セキュリティ、利便性など各社それぞれ異なりますので、目的に応じて選ぶことをおすすめします。

例えば温・湿度の管理が必要な楽器などを収納する場合は、屋内型で保管することをおすすめします。

Q.トランクルームとコンテナボックスの違いは何ですか?

A.屋内と屋外の違いがあります。

トランクルームは主にテナントやビルの一部を収納スペースとして利用します。パーティションで仕切られている場合もあります。

コンテナ(コンテナボックス・レンタルコンテナ等)は貨物などで利用される海上輸送用コンテナ等を収納スペースとして利用します。車で乗り入れ可能な点やバイク収納可能な点などのメリットもあります。

Q.トランクルームと貸倉庫の違いは何ですか?

A.倉庫業法の違いがあります。

貸倉庫(レンタル倉庫)は、倉庫業法に基づかないため業者は保管品に対する保管責任を負わない場合があります。

トランクルームは倉庫業法によって、国土交通省に認可された業者のみ使うことができる呼び方となっており、物品の保管保証があります。

Q.トランクルームとレンタルスペースの違いは何ですか?

A.運営者が異なります。

レンタルスペースは、不動産賃貸業者が運営します。(コンテナも同様です。)

トランクルームは国土交通省に認可された業者が運営します。

Q.収納していはいけないものはありますか?

A.はい。

基本的に危険物、動植物、異臭・悪臭を発する物、貴重品、公序良俗に反するような品物、塗料等は、収納禁止品目と定められているところが多いです。詳しくは各社の約款をご参照ください。

Q.コンテナボックス内で軽作業はできますか?

A.できません。

コンテナボックス内に長時間滞在することを禁止しているところがほとんどですので、荷物の出し入れに伴う作業以外は行うことができません。

Q.コンテナボックスに住むことはできますか?

A.できません。

コンテナボックスの契約条件に住居として利用することは禁止と明記されているところがほとんどですので住むことはできません。また、身分証の提示も求められることから住所不定の方も借りることができません。

Q.火災や盗難被害に遭った場合補償はありますか?

A.あります。

ハローストレージ(Hello Storage)は、保険会社の規定に基づき、屋外型は最大50万円、屋内型は最大100万円の範囲で補償してくれます。

スペースプラス(Space Plus)は、動産総合保険プランが用意されています。

Q.24時間いつでも利用できますか?

A.基本的には24時間利用可能です。

基本的には24時間利用可能ですが、場所によっては時間制限がある物件もありますのでご注意ください。また、早朝・深夜にご利用される際には、近隣住民へのご配慮をお願いします。

引っ越し・コンテナボックスの基礎知識コラム

引っ越しを控えて新居へ運ぶか、もしくは捨ててしまうかという荷物の仕分けをしてみたら、どうしても不要物、しかも粗大ゴミが出てしまいます。たくさん出てしまう引っ越し時の粗大ゴミ、これらは多くの場合、ゴミ収集日に普通に捨てることはできません。



実は、自治体に処分方法を聞いて決まり通りに処分してください。



粗大ゴミが、引っ越し日近くになってもまだ家に残っている、という事態はできれば避けたいですから、余裕を持って処分しておきます。「引越しソバ」っていう習慣とは新居に引越しをした時にご近所への引越しの挨拶としておすそ分けするものです。

私も一度頂いたことが昔、あります。ソバのように細く長いおつきあいをこれからよろしくおねがい申し上げます。という意味があるようです。引っ越し専門業者として伝統もあり、実績を知られているのはパンダマークの引っ越しのサカイになります。


全国規模で170社以上の支店を展開しており、自社の保有車は3500台超で、その機動力を活かした引っ越しを行なうことが出来るのです。


サービスを細分化しているだけでなくどのスタッフも一定水準のサービスを行なうのでどの世帯の引っ越しも安心して任せられます。最近我が家は、三回目の引越し体験をしました。
引越しの作業は毎回面倒ですが、すでに慣れました。

荷造り(丁寧すぎるかなと思うくらいでちょうどいいでしょう)、荷ほどき、ほとんど私がする事です。



旦那は毎回家電、家具といった大きいものを掃除や片付けをしてくれます。



ただ、この度は洗濯機の水抜きをやっていなかったので、新居の洗面所で水が出てしまいました。



引越しすることが決まっ立ときに、住民票の処理は早めにしておくよう心がけていました。
最初に、私が転出届けの手続を役所で行って、旦那は引越し当日のあいだに転入届けを転入先の役所へ提出できるよう日取りを考えて引越しました。他にも引越しのときにはたくさん手続があって忙しいので忘れないようにリストにして計画的にひとつひとつ行っていくことが大事では、と思います。引越しをするときのコツとは、新居の間取りを頭に入れておいて、荷造り(丁寧すぎるかなと思うくらいでちょうどいいでしょう)を行っていくというものです。
ダンボール等に入れるときに、荷物をどこの部屋に置くのかを考えて、段ボールの見えるところに書いておくと新しい家に着いてから無駄な労力を減らすことができます。そして、手続きをする必要のあるものは順に計画的にこなしていくと良いです。

無事転居を済ませても、電気や水道が使えなければ困りますので、色々と事前の手続きが必要です。


そしてこれらのライフラインといっしょにインターネット環境をちゃんとしておく、ということも大事なことです。
現在のプロバイダ契約に、あまり満足していないという場合はこの機会に解約を考えてみてください。

でも、現状で十分と考えているなら、プロバイダとの契約は続けて単に住所変更手続きだけで良いのですが、かつてのプロバイダが新居では使えない場合もありますので要確認です。たとえば、新居にネット環境がまったくない、回線が引かれていないような状況ですと工事などをすることになります。ネット環境が整うまで、しばらく時間がかかることもあるということです。

うちの洗濯機はドラム式で、以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。



引っ越してきた日、荷物が多い人はコンテナボックスの利用も検討すると良いでしょう。届けられましたが、濡れているダンボールを発見し引っ越し業者に電話をしてみました。水の出た原因は洗濯機で、ホース内に水が残っていて車に揺られているうちに、染みでてきて、そのまま荷台に載せてきてしまった、ということでしょう。

他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、まさか、洗濯機のホース内の水を抜く、という発想はありませんでしたから今度からはぜひ気を付けたいです。色々な引っ越しがありますが、どんな場合でも新しい環境に慣れるまでどうしてもお金がかかるものです。

引っ越しで業者を利用するにしても安くあげたいと思うはずです。
まずは、業者の料金システムをよく調べて、割り引きがきくかどうか見てみてください。多くの業者に割引サービスがありますが、それは年度末などの忙しい時期を外して引っ越しする事でまあまあお安くしてくれるので閑散期に引っ越しができるように進めていけるとベストです。



引越しする際の一括見積もりを始めて使ってみました。多数に問い合わせする手間がかからなくて、ほとんど苦になりませんでした。
活用した後、引越し業者数社から、伺って見積もりしたいと電話がかかってきました。

重ならないように時間調整するのが苦労しました。


東京都の方向けコンテナボックスお役立ち情報

格安コンテナボックスは
ハローストレージがおすすめ

東京都で格安のコンテナボックスはココ↓