介護支援専門員について

CARE MANAGERタイトル
CARE MANAGERタイトル装飾画像1
CARE MANAGERタイトル装飾画像2

介護保険制度

日本はすでに高齢社会となり、団塊の世代が定年したらより高齢化が進みます。
朝早くから大きな公園などに行くとたくさんの高齢の人がラジオ体操や公園の外周などで歩いていると思います。
それに早朝のコンビニエンスストアなどに行くと朝早くから高齢の人がコンビニで買い物をしていると思います。
そういった元気な高齢者や介護が必要な高齢者の健康状態を悪化させないために、できる限りその人なりの自立した生活を送ってもらい、尊厳のある人生を最期まで送ってもらうように社会全体で支援するといった目的で、介護保険制度は2000年4月に導入された制度なのであります。

介護保険制度創設その1

高齢者介護問題における社会全体での取り組み。
高齢者介護問題は高齢社会の最大の課題で、どの外国も経験したことのない高齢化が進んでゆくのです。
その高齢化の進展に伴い、寝たきりや認知症高齢者が急速に増えると思います。
それに介護が必要な期間が長期化して介護する家族の高齢化なども進み、家族による介護だけでは十分な対応が難しくなって行くと思います。
そこで高齢者介護制度を設けて社会全体で支える仕組みを構築し、高齢者介護の不安を軽減または解消し、安心して生活できる社会をつくることとして作られた制度なのであります。

 

介護保険制度創設その2

社会保険方式の導入。
介護保険制度において介護「保険」という名前の通り、介護サービスなどの費用を国や都道府県、市区町村などの公費をする社会扶助方式ではなく、保険料を財源の中心とした社会保険方式を使用しているそうです。
そういったことから介護保険料を負担する見返りとして介護サービスなどにかかる給付を受ける関係がはっきりしています。

 

介護保険制度創設その3

利用者本位のサービス提供。
老人福祉と老人医療に分かれていたが、介護保険制度が施行される以前の縦割り制度を再編成し、介護保険制度の利用者が選択することによって、多様なサービス提供事業者から適切なサービスを総合的・一体的に受けられるようになったのであります。

 

介護保険制度創設その4

社会保障構造改革の推進
介護保険制度を創設することによって、介護の部分の社会的入院など、老人医療制度を含む医療保険制度から切り離すことで傷病の治癒という医療の本来の目的にふさわしい制度に改革し、さらに年金や社会福祉などの他の社会保障制度の改革や整備などもできるようになるのです。

 

以上のことから高齢者介護を統一的に整備し、社会保障全般の構造改革のスタートとして導入されたのが介護保険制度なのです。
介護を社会全体で支える制度として定着してきたので2006年4月に介護保険制度改正においてこれからの超高齢社会に向け、介護保険制度が安定して運営、維持されることを目的に見直しが行われたのであります。

pickup

スカイグループのホームページ
http://www.sky-g.org/showroom/

最終更新日:2017/2/16

このページは、リンクフリーです。どのページでもご自由にリンクをお張りください。